平成31年度 福井県主任介護支援専門員【更新】研修 

【受講の決定】

 平成31年5月27日までに上表題の研修を申し込みされた方に5月下旬に一次審査(書類審査)を行います。提出書類に不備が無い者に対して葉書にて【前期】又は【後期】申込受理通知書と提供事例の提出案内を送らせて貰います。
 通知葉書が届いた方は【前期】629日(必着)、【後期】8月17日(必着)までに下記提出書類等(下記参照)を事務局にデータ(PDF等)にて提出して下さい。

 <事例の選定方法>

   ・受講者による介護支援専門員への指導、支援の実践事例
   ・受講者1人につき2事例(7類型
から重ならないように2種類選択)を提出
       

   ・利用者、介護支援専門員の同意を得ること

        <7類型> 
         @リハビリテーション及び福祉用具の活用に関する事例
         A看取り等における看護サービスの活用に関する事例
         B認知症に関する事例
         C入退院時等における医療との連携に関する事例
         D家族への支援の視点が必要な事例
         E社会資源の活用に向けた関係機関との連携に関する事例
         F状態に応じた多様なサービス(地域密着型サービス、施設サービス等)の活用に関する事例

 <提出書類>

  A.に関しては2事例共に必要。B.に関してはどちらか1事例分。

    A. 指導記録(一式)
    @実践の振り返りシート
      様式1    Word      PDF 
      様式2    Word      PDF  
      様式3    Word      PDF 
      様式4    Word      PDF 
      様式5    Word      PDF 

   B. 指導事例の個別支援記録(一式)
    Aフェイスシート
    B課題分析標準項目(アセスメント)
    C課題整理総括表
     D居宅・施設サービス計画書(第1表〜第5表or第6表)
       ※ 居宅(施設)サービス計画書は指導前・指導後の両方
     E居宅介護支援(施設介護)経過記録(第6表or第7表)
    F評価表 等

※書類に記載されている個人情報は修正ペン等で修正のうえ、
   個人が特定できない状態のものの写しを提出下さい。
  ※計画書の提出にあたっては、担当介護支援専門員、利用者の同意を得て下さい。


 <以後の流れ>

    上記の提出された書類をもとに、受講審査(二次審査)を
  行います。
  審査の結果、他職種との連携や介護支援専門員に対する助言・指導や地域での活動等の実務を通じて役割を果たす主任介護支援専門員と認められた者に、後日「受講承認通知」および「受講票」を送付致します。

     ※居宅サービス計画等が出されない場合や提出された内容が審査会において
      「実践できているとは認められない」との判断が成された場合は、ご受講いた
      だけない場合がありますのでご了承願います。

本研修に関する連絡および問い合わせ先>        

★本研修につきましては、下記の研修担当者までご連絡ください。
    研修担当者  天谷:TEL 090−8267−7987
      ※すぐに出られない場合は伝言を残してくだされば、折り返しご連絡させていただきます。   
       (お急ぎでない場合は、事務局のメールまたはFAXでお願いいたします。)